体型別のドレスの選び方

女性ならば誰もが自分の体型にコンプレックスを感じたりすることがあります。ドレスモードでは、気になる部分を可能限り自然にカバーして、アピールすべきチャームポイントはより美しく見せるドレス選びがしたいです。人それぞれ異なる体型のお悩み別にお勧めのドレスがありますから、そのポイントをおさえておくと良いです。まずバストが小さい方は、胸元が大きく開きすぎない浅いラインで、レースやフリル、ドレープ、リボンなどの装飾が施されていると自然なボリューム感を作ることができますからお勧めです。

また背中がシャーリングで調整できますと、お辞儀をしたときにぴったりと体に沿いますので安心できます。その逆にバストの大きな方は、胸の大きさに合わせて伸縮する背中にゴムが入っているデザインや、胸元がカシュクールになっており、目線を散らせることができるデザインがお勧めです。また、ベアトップドレスは胸の膨らみでぴったりと生地を伸ばして着用するデザインなので、締め付け感のない範囲でしたら胸元が綺麗に見えます。後ろのリボンでサイズ感を調節できるタイプのドレスは体のラインに沿って綺麗なシルエットで着ることができます。次の女性が体型で気になる部分はヒップです。ヒップが大きめな方には、ゆったりしたラインで着られるドレスは体のラインが気になりません。他にもハイウエストのデザインや、胸の下に切り替えがあり、切り替え部分にギャザーやドレープを寄せたデザインは生地がふんわりと仕上がることで、ヒップラインを隠してくれます。

ウエストから裾にかけて広がりを作るパニエ付きのドレスは、ヒップが大きな方に最適なデザインです。また大きめのフリルをあしらったデザインもパニエ付きタイプと同じ効果があります。そしてウエストのくびれラインが気になる方は、ハイウエストや胸の下に切り替えがあったり、ウエストから下がAラインに広がったデザイン。また切り替え部分にギャザーやドレープを寄せて、ウエストに膨らみのある場合は、ウエストラインを強調しないため、デザインで隠すことができます。細いリボンや逆効果ですが、太めで大きめのリボンやベルトなど、ウエストをマークするデザインもお勧めです。二の腕が気になる場合は隠すより出してしまう方がかえって太さを強調しません。お肌の露出に抵抗がある方は半袖のワンピースや羽織物で腕を隠すことで上手にカバーできます。このように体型によって選ぶポイントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*