女性の憧れの定番ドレス

ドレスは、いつの時代も女性の憧れです。さまざまなシーンのためのドレスがありますが、その代表はなんといってもウェディングドレスでしょう。ウェディングドレスは、パーツごとにさまざまなデザインがあります。全体的なラインのデザインだけでも、多くのカテゴリーがあります。アルファベットのAの文字の形のように裾がなだらかに広がるものは、Aラインと呼ばれます。ウェストあたりの切り替えから下が大きくふくらんだデザインはプリンセスラインと呼ばれ、このスタイルのドレスを選ぶ花嫁が多い印象があります。

やはり名前のとおり、お姫様のようなデザインが魅力なのでしょう。大人の女性に人気がありそうなのは、全体のシルエットが細い、スレンダーというデザインです。膝まで体にフェットしていて、裾の部分から大きく広がったデザインを、マーメイドと呼びます。ゴージャズで大人っぽく、優雅な印象があります。スレンダータイプ同様、大人の女性に似合いそうなデザインです。また、胸元の下からまっすぐに広がっていくスタイルのエンパイアは、ワンピースの延長のようでまた違った魅力があります。海外のウェディングに映えそうな印象があります。全体のデザインだけでもこんなにたくさんの種類があるのですが、袖のデザインにもたくさんの種類が用意されています。一般的に多く選ばれている印象なのは、ショルダーストラップのないビスチェタイプです。デコルテが美しく見えるので、座っていることの多い式ではこのタイプのドレスが多く見られます。

大人の女性に人気があるのは首から脇にむけてカットされたアメリカンスリーブです。デコルテのあたりがシースルーになっているデザインは、大人の魅力があります。かわいらしい少女のような印象があるフレンチスリーブは、若い花嫁さんに似合いそうです。フレンチスリーブを選んでいる花嫁さんをお見かけすることは少ない印象がありますが、日本人には似合いそうです。また、袖口が大きく広がって、フリルがあしらわれているスタイルをパコダスリーブと呼びます。お姫様風のデザインですが、子供っぽくないので、大人の女性にも良いでしょう。また、長い裾引きのドレスが定番ではありますが、近頃ではミニ丈のものも、定番になりつつあります。一生に一度のイベントですから、衣装選びもおおいに楽しみたいものです。この時間は、女性にとって本当にしあわせなひとときなのです。たくさんの時間をとって、じっくり楽しんで選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*